リアルタイム解析

ソフトウェア

(RTNet)

RTNet

リアルタイム解析ソフトウェア(RTNet)

リアルタイムでのGPS精密解析を行うソフトウェアとして、GPS Solutions Inc.(本社:米国コロラド州)と共同開発した高精度GNSS解析ソフトウェアRTNetを販売しています。
RTKに代表される干渉測位方式に加えて、精密単独測位方式(PPP:Precise Point Positioning)での解析も可能であり、精密測地用途のみならず、大気(対流圏、電離層)推定など様々な分野にてご利用頂いております。
■ RTNetの特長
基線解析だけでなく、精密単独測位(PPP)により、高精度測位解析が可能。
座標値、対流圏、電離層遅延量の推定。
衛星・受信機の時計を推定。
高解像度の電離層モデルを推定。
後処理解析・リアルタイム解析。
リモート接続された複数のGPS受信機のデータをリアルタイムで解析。
高精度測位モデルパラメータの搭載。
出力形式はファイル/ソケットと多種多様。
解析結果をインターネット等へリアルタイム配信。
■ RTNetの解析対象分野
解析対象分野 解析モード 出力 関連リンク
リアルタイム測位 RTK 位置座標 室戸沖GPS津波計実証実験観測データ公開ページ(外部サイト)
海洋ブイ、津波計
地震、火山活動 DM 位置座標(変動量) 地震・火山解析(RTNet/DM)
RTNetによるリアルタイム地殻変動監視(外部サイト)
構造物監視
斜面崩壊、地盤沈下
気象 TRP 対流圏遅延量、可降水量変換(別途オプション) 気象解析(RTNet/TRP)
GEONET可降水量(PWD)監視システム(外部サイト)
精密単独測位 PPP, PPP-AR 位置座標 精密単独測位(RTNet/PPP-AR)
東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)RTNetを用いたGPS観測データの解析結果
(外部サイト)
電離層 ION 電離層遅延量 RTNetによるGEONET TEC解析(外部サイト)
衛星時計 CKL 衛星誤差推定
■ ハードウェア要件
CPU:Intel系PC(64bit)
メモリ:1GB以上を推奨(処理点数などによる)
ディスク:30GB以上を推奨(OS含む、処理点数などによる)
OS:64bit Linux(RedHat系:RedHat、FedoraCore、CentOS)
リアルタイム解析では、シリアルまたはネットワークインタフェースが必要
■ RTNetのカタログについて
ページのトップへもどる
■ RTNet特設ページについて
GNSSデータの高精度リアルタイム解析ソフトウェアRTNetの紹介や各解析のサンプルデータを掲載します。
RTNetデモンストレーションサイト(外部サイト)
ページのトップへもどる