論文・学会発表

論文・学会発表

学術論文・国際会議・口頭発表・ポスター発表一覧

■ 2015年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2015/12 Final Report on Japan-Australia Joint Experiment of Precision Agriculture using QZSS-LEX Hideshi Kakimoto 7th Multi-GNSS Asia (MGA) Conference
2015/11 Stability of Precise Point Positioning with Ambiguity Resolution Using GPS and GLONASS Signals Hideki Yamada, Akira Wada, Hirotaka Obata, Hideshi Kakimoto International Symposium on GNSS 2015
2015/06 GNSS buoy array in the ocean for a synthetic disaster mitigation Teruyuki KATO, Yukihiro TERADA, Keiichi TADOKORO, Yoshinori SHOJI, Hiromu SEKO, Mamoru ISHII, Michi NISHIOKA, Shin-ichi YAMAMOTO, Morio TOYOSHIMA, Naohiko IWAKIRI, Naokiyo KOSHIKAWA, Osamu MOTOHASHI, Akira WADA, Naruyuki IMADA IUGG (International Union of Geodesy and Geophysics) 2015
2015/04 GNSS連続観測システムの利用事例用 柿本英司 システム/制御/情報 Vol.59 No.4
2015/03 マルチGNSS解析技術における準天頂衛星の利用 山田英輝小畑弘毅、高須知二、古屋智秋、久保信明、五百竹義勝、辻宏道 QSUS発表会第3回(QZSS産学官利用拡大プラットフォーム会議)
ページのトップへもどる
■ 2014年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2014/11 GPS津波計に関する最近の開発研究 加藤照之、寺田幸博、山本伸一、橋本剛正、本橋修、松下泰弘和田晃 日本地震学会2014年度秋季大会
2014/11 GPS津波計に関する最近の開発研究 加藤照之、寺田幸博、山本伸一、橋本剛正、本橋修、松下泰弘和田晃 第122回日本測地学会講演会
2014/09 Tropospheric Monitoring Over the Ocean using Shipborne GNSS Receiver M. Fujita、A. WADA、T. Iwabuchi、C. Rocken ION GNSS+ 2014 "Best Presentation Award"
2014/08 技術試験衛星VIII型(ETS-VIII)を用いた海上ブイからのデータ伝送実験 ~ 津波の早期検出を目指して ~ 山本伸一、寺田幸博、加藤照之、橋本剛正、本橋修、齊田優一松澤亮 衛星通信研究会(SAT)
2014/07 Real-time Monitoring of Strong Seismic Waves, Coseismic Displacements, and Tsunami with GNSS for Early Warning Tetsuya IWABUCHI、Akira WADA、Christian ROCKEN Asia Oceania Geosciences Society 2014
2014/07 Severe Precipitation Nowcasting based on Multi GNSS Processing with GPS, GLONASS, and QZSS Tetsuya IWABUCHI、Akira WADA、Christian ROCKEN Asia Oceania Geosciences Society 2014
2014/05 GEONETリアルタイム解析システム(REGARD)の全国対応 矢萩智裕、宮川康平、川元智司、大島健一、山口和典、村松弘規、太田雄策、出町知嗣、三浦 哲、日野亮太、齊田優一道家友紀 日本地球惑星科学連合2014年大会
2014/05 「みちびき」と「きく8号」を用いたGPS津波計の沖合展開 寺田幸博、橋本剛正、本橋修、山本伸一、和田晃、加藤照之 日本地球惑星科学連合2014年大会
2014/05 GPS津波計を活用したGPS-音響システムによる海底地殻変動の連続観測 今田成之、寺田幸博、坂上啓、田所敬一、加藤照之 日本地球惑星科学連合2014年大会
2014/04 広域地殻変動解析における計算手法の比較検討 山田英輝小畑弘毅、高須知二、古屋智秋、久保信明、五百竹義勝、辻宏道 平成26年度測位航法学会全国大会
ページのトップへもどる
■ 2013年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2013/12 Tsunami observation using GPS buoy at far offshore Toshihide Miyake、Takao Tabei、Ryota Ioka、Akira Wada、Yukihiro Terada AGU Fall Meeting 2013
2013/12 Tidal observation in GPS buoy using QZSS & ETS-Ⅷ Misa KINUGAWAHitoyoshi NISHIMURA、Shinichi YAMAMOTO、Masahiro NAKAO、Teruyuki KATO、Yukihiro TERADA 5rd Asia Oceania Regional Workshop on GNSS,2013
2013/10 衛星センサネットワーク -災害の早期検出を目指して- 山本伸一、寺田幸博、橋本剛正、加藤照之、林稔 第57回宇宙科学技術連合講演会
2013/10 沖合展開距離制限の無いGPS津波計の開発 山本伸一、寺田幸博、橋本剛正、加藤照之、林稔 第57回宇宙科学技術連合講演会
2013/09 Precise Point Positioning with Fast Ambiguity Resolution - Prerequisites, Algorithms and Performance L.Mervart、C.Rocken、T.Iwabuchi、Z. Lukes、M. Kanzaki ION GNSS+ 2013
2013/09 Network RTK Computing in the Cloud and the Importance of Using GLONASS and QZSS Z.Lukes、C.Rocken、L.Mervart、T.Iwabuchi、J.Barron、S.Cummins、M.Kanzaki、L. Mullen ION GNSS+ 2013
2013/09 Benefit of Multi GNSS Processing with GPS, GLONASS, and QZSS for Tropospheric Monitoring T.Iwabuchi、C.Rocken、A.WadaM.Kanzaki、L. Mullen ION GNSS+ 2013
2013/07 準天頂衛星による高精度測位実証実験-事例紹介 神崎政之 四国経済連合会平成25年度情報化委員会
2013/05 沖合展開距離制限の無いGPS津波計の開発 -ETSⅧによる伝送実験- 寺田幸博、今田成之、山本伸一、橋本剛正、加藤照之、林稔 日本地球惑星科学連合2013年大会
2013/03 Real-time Monitoring of Strong Seismic Waves and Coseismic Displacements with GNSS Tetsuya IWABUCHI、Christian ROCKEN、Akira WADAMasayuki KANZAKI 京都大学防災研究所国際フォーラム
ページのトップへもどる
■ 2012年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2012/12 An improvement of the GPS buoy system for detecting tsunami at far offshore Teruyuki Kato、Yukihiko Terada、Toshihiko Nagai、Koji Kawaguchi、Shunichi Koshimura、Yasuhiro Matsushita AGU 2012 Fall Meeting
2012/12 Transmission of wave data from a GPS buoy to an earth station by ETS-VIII Misa Kinugawa 4th Asia Oceania Regional Workshop on GNSS
2012/09 Advanced Usage of GPS Slant Delay for Detecting Water Vapor Variation Over the Osaka bay S. Oishi、K. Tsuchiya、A. Wada、T. Iwabuchi、E. Nakakita ION GNSS 2012
2012/09 GPS precpitable water vapor dataset for climate science M. Fujita、A. Wada、T. Iwabuchi、C. Rocken ION GNSS 2012
2012/05 沖合100kmを目指したGPS津波計の実証実験 寺田幸博, 加藤照之, 永井紀彦, 川口浩二, 越村俊一、松下泰弘 日本地球惑星科学連合2012年大会
2012/05 新潟南部地域におけるGNSS連続観測システムの構築 吉見雅行、松浦友紀、森俊行 日本地球惑星科学連合2012年大会
2012/05 PPP-ARによるロバストな超長距離GPS連続観測システムの開発 和田晃、石川公美子、林稔、山田浩章、杉本淳 日本地球惑星科学連合2012年大会
2012/05 GPS Preciptable Water Research Project (GRASP) 藤田実季子、高橋洋、原政之、和田晃、岩淵哲也 日本地球惑星科学連合2012年大会
2012/03 Validation report of Michibiki's enhancement functions Masayuki Kanzaki Workshop on Use of Multi-Global Navigation Satellite Systems for Sustainable Development
2012/03 Development of Japanese Disaster Mitigation System Using Real-time PPP with Ambiguity Resolution for Tsunami Buoys & Ground Networks Masayuki Kanzaki、Yasuhiro Matsushita、Hitoyoshi Nishimura、Akira Wada、Hideshi Kakimoto、Minou Hayashi、Christian Rocken、Tetsuya Iwabuchi、Leos Mervart、James Johnson、Zdenek Lukes PPP-RTK & Open Standards Symposium
ページのトップへもどる
■ 2011年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2011/11 Experimental results of QZS-LEX corrections by using Autonomous Vehicle Masayuki Kanzaki、Noboru Noguchi、IT Automated Driving Working Group、Satellite Positioning Research and Application Center Third Asia Oceania Regional Workshop on GNSS
2011/11 Development of A Tsunami Monitoring System using GPS Buoy Yukihiro Terad、Teruyuki Kato、Toshihiko Nagai、Shunichi Koshimura、Toshihide MiyakeHitoyoshi Nishimura IGNSS Symposium 2011
2011/09 GNSS Positioning of Ocean Buoys in Japan for Disaster Prevention M KanzakiY MatsushitaH Kakimoto、C Rocken、T Iwabuchi、L Mervart、J Johnson、Z Lukes ION GNSS 2011
2011/09 True Real-time Slant Troposheric Delay Monitoring System with Site Dependent Multipath Filtering T Iwabuchi、C Rocken、A WadaM Kanzaki ION GNSS 2011
2011/09 Tsunami records due to the 2010 Chile Earthquake observed by GPS buoys established along the Pacific coast of Japan Teruyuki Kato、Yukihiro Terad、Hitoyoshi Nishimura、Toshihiko Nagai、Shun'ichi Koshimura Earth, Planets and Space (EPS) : Vol.63,e5-e8, 2011
2011/08 GNSS Seismology Real Time Monitoring of Co-Seismic Motion During the Great Eastern Japan Earthquake Masayuki Kanzaki、Christian Rocken、Tetsuya Iwabuchi、Leos Mervart、James Johnson、Zdenek Lukes、Tim Wright International Workshop on GNSS Remote Sensing for Future Missions and Science
2011/08 First Real-Time Detection and Warning of Tsunami Waves with GPS Ocean Buoys Masayuki KanzakiYasuhiro MatsushitaHitoyoshi Nishimura、Christian Rocken、Tetsuya Iwabuchi、Leos Mervart、James Johnson、Zdenek Lukes International Workshop on GNSS Remote Sensing for Future Missions and Science
2011/05 GPS津波計の沖合展開 加藤照之、寺田幸博、西村史睦、永井紀彦、越村俊一、三宅寿英 日本地球惑星科学連合
2011年大会
2011/05 New multi-parameter observation network at Taal volcano, Philippines
(フィリピン・タール火山の火山監視観測網の構築)
Hiroyuki Kumagai、Tadashi Yamashina、Yuta Maeda、Rudy Lacson、Mel Figueroa、Toshiyasu Nagao、Akihiro Takeuchi、Yoichi Sasai、Takeshi Hashimoto、Paul Alanis、Juan Cordon、Fumiaki Kimata、Takahiro Ohkura、Hirotaka ObataAkira Wada、Agnes Aguilar、Jaime Sincioco 日本地球惑星科学連合
2011年大会
2011/05 GPSを用いた地震と津波のリアルタイム監視システムの提案 岩淵哲也、和田晃神崎政之 日本地球惑星科学連合
2011年大会
2011/05 民間利用実証成果報告:高精度走行システムの実証実験 神崎政之山田浩章和田晃林稔 第九回衛星測位と地理空間情報フォーラム
2011/04 準天頂衛星による高精度走行システムの実証実験 神崎政之山田浩章和田晃林稔 測位航法学会 平成23年度全国大会
2011/04 防災:災害応急・復旧工事におけるGPS動態計測システム 北原成郎、神崎政之 土木技術 第66巻 第4号, pp.35-40
ページのトップへもどる
■ 2010年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2010/11 準天頂衛星のLEX信号による測位補正情報を用いた測位技術の開発 矢萩智裕、矢来博司、豊田友夫、吉田賢司、畑中雄樹、辻宏道、和田晃 GPS/GNSSシンポジウム2010
2010/10 Interferometric GPS SSH Measurements in the Tsushima Strait K Ichikawa, A Morimoto, Y Yoshikawa, JH Yoon, H Kakimoto, K Fukudome ESA 4th Coastal Altimetry Workshop
2010/09 Latest R&D Status of GNSS applications and Infrastructure in Japan Masayuki Kanzaki International Workshop for NGSCA 2010, Jeju Korea, September 2010
2010/09 災害応急・復旧工事におけるGPS動態計測システム構築に関する研究 神崎政之、北原成郎 第12回建設ロボットシンポジウム, 2010年9月7日, 第12回建設ロボットシンポジウム論文集, pp.81-88
2010/05 地域電離層モデルを適用した高精度1周波GPS測位方式の開発 熊敏和田晃柿本英司小畑弘毅神崎政之三宅寿英 日本地球惑星科学連合
2010年大会
2010/05 南極アムンゼン湾周辺の地形変化 大村誠、小池克明、山之口勤、土井浩一郎、渋谷和雄、中村和樹、和田晃 日本地球惑星科学連合
2010年大会
2010/01 大型ブイを用いたGPS津波計・GPS音響海底地殻変動観測 寺田幸博、加藤照之、永井紀彦、西村史睦松下泰弘 海底地殻変動と津波に関するシンポジウム
ページのトップへもどる
■ 2009年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2009/12 The Suruga-Bay earthquake of August 11, 2009, as seen from dense GPS observation network in the Tokai district, Japan Teruyuki Kato, Junichi Fukuda, Tadafumi Ochi, Yusuke Yokota, Mikio Satomura, Yasushi Harada, Kazutoshi Sato, Kazuyuki Ukei American Geophysical Union 2009 Fall Meeting
2009/11 東海地域における高サンプリングリアルタイムGPS観測・解析の試み -Part.Ⅱ. 2009年8月11日駿河湾地震における地震時変動の解析- 佐藤一敏小畑弘毅、里村幹夫、加藤照之 第112回日本測地学会講演会
2009/10 東海稠密アレイGPSから見た2009年8月11日駿河湾の地震 加藤照之、福田淳一、落唯史、横田裕輔、里村幹夫、請井和之、原田靖、佐藤一敏 日本地震学会2009年
秋季大会
2009/06 RTK-GPSを用いた斜面定期健康診断構想 福岡浩、佐藤一敏松浦友紀 日本地すべり学会関西支部シンポジウム「斜面健康診断の可能性」
2009/05 RTNet/METを用いたリアルタイムGPS可降水量解析システムの構築と精度検証 佐藤一敏和田晃、岩淵哲也、田中創、守屋岳 日本気象学会2009年度春季大会
2009/05 GPS連続観測システムの概要と気象研究への展開 林稔丹野貴之神崎政之、高橋利幸 日本気象学会2009年度春季大会
2009/05 伊豆諸島周辺における火山活動のGPSリアルタイム観測・解析システムの構築 小畑弘毅落野哲宣和田晃神崎政之、木股文昭 日本地球惑星科学連合2009年大会
ページのトップへもどる
■ 2008年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2008/11 Real-time kinematic GPS analysis of the 2008 Iwate-Miyagi inland earthquake using by 1Hz data Kazutoshi Sato, Hirotaka Obata, Akira Wada, Masayuki Kanzaki, Tetsuya Iwabuchi, Christian Rocken, Teruyuki Kato International Symposium on GPS/GNSS 2008
2008/09 Deformation Monitoring with Single Frequency L1 Receivers Tetsuya Iwabuchi, James Johnson, Shaun Cummins, Christian Rocken, Yoshikatsu Iotake, Masayuki Kanzaki ION GNSS 2008
2008/09 Precise Positioning of Ships and Buoys in the Open Ocean - Results from a 3-Month Indian Ocean Cruise, and a tsunami Buoy off Japan's Coast Christian Rocken, Tetsuya Iwabuchi, Zdenek Lukes, Leos Mervart, Mikiko Fujita, Masayuki Kanzaki ION GNSS 2008
2008/08 平成19年中越沖地震後の宅地の地盤変動の計測 福岡浩、釜井俊孝、佐藤一敏松浦友紀 第47回日本地すべり学会研究発表会
2008/06 True real-time GPS monitoring of high sampling data using by RTNet Kazutoshi Sato, Tetsuya Iwabuchi, Teruyuki Kato, Mikio Satomura, Masayuki Kanzaki Asia Oceania Geophysics Society Meeting 2008
2008/06 GPS seismometer with real-time 1Hz GPS observation Tetsuya Iwabuchi, Christian Rocken, Masayuki Kanzaki, Kazutoshi Sato Asia Oceania Geophysics Society Meeting 2008
2008/06 True Real-time Estimation of GPS Tropospheric Delay Tetsuya Iwabuchi, Christian Rocken, Kazutoshi Sato, Masayuki Kanzaki Asia Oceania Geophysics Society Meeting 2008
2008/05 東海地域における10HzリアルタイムGPS観測・解析の試み 佐藤一敏、加藤照之、里村幹夫 日本地球惑星科学連合2008年大会
ページのトップへもどる
■ 2007年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2007/08 盛土基礎の沈下に関するGPS計測 村上章、尾崎曹斗、西村史睦、細川和豊、佐野孝 農業土木学会2007年大会, pp.912-913
ページのトップへもどる
■ 2006年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2006/11 Nowcasting and Weather Forecasting -Real-time Estimation of ZTD in GEONET, Japan- Tetsuya Iwabuchi, Christian Rocken, Leos Mervart, Masayuki Kanzaki Location
2006/10 Inverted RTK system and its applications in Japan Masayuki Kanzaki IAIN/GNSS 2006
2006/09 PPP and Network True Real-time 30 sec Estimations of ZTD in Dense and Giant Regional GPS Network and the Application of ZTD for Nowcasting of Heavy Rainfall Tetsuya Iwabuchi, Christian Rocken, Zdenek Lukes, Leos Mervart, James Johnson, Masayuki Kanzaki ION GNSS 2006
2006/09 Real-time Ionospheric and Atmospheric Corrections for Wide Area Single Frequency Carrier Phase Ambiguity Resolution Christian Rocken, Zdenek Lukes, Leos Mervart, James Johnson, Tetsuya Iwabuchi, Masayuki Kanzaki ION GNSS 2006
2006/05 位置認証技術試験システムの開発 小山泰弘、市川隆一、神崎政之丹野貴之西村史睦熊敏 日本地球惑星科学連合2006年大会
ページのトップへもどる
■ 2005年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2005/12 Nation Wide Network RTK System In Japan Masayuki Kanzaki, Yoshikatsu Iotake, Minoru Hayashi International Symposium on GNSS/GPS 2005
ページのトップへもどる
■ 2004年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2004/09 The New RTK System Which Applied Network Technology in Japan Masayuki Kanzaki, Yoshikatsu Iotake, Hideshi Kakimoto, Minoru Hayashi, Hiroaki Yamada, Hirotaka Obata, Shinji Kano, Kengo Maeda, Hisashi Obata, Haruhiko Yoshida, Shigeo Takamatsu, Toshiro Saeki, Christian Rocken, James Johnson, Kevin Key ION GNSS 2004
2004/09 Testing a New Network RTK Software System Christian Rocken, Leos Mervart, Zdnek Lukes, James Johnson, Masayuki Kanzaki, Hideshi Kakimoto, Yoshikatsu Iotake ION GNSS 2004
ページのトップへもどる
■ 2003年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2003/02 ネットワーク型高精度GPS測位システムの開発 神崎政之小幡尚司柿本英司吉田晴彦高松繁男佐伯敏朗 日立造船技報, 第63巻第3号, pp.8-11
ページのトップへもどる
■ 2002年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
2002/12 RTK-GPSを用いたコンテナターミナル管理システム 野原充、中村輝雄、樋口良之、山岡敦郎西村史睦 日本機械学会 第11回交通・物流部門大会講演論文集, pp.271-272
2002/08 RTK-GPSを用いた斜面健康診断用三脚の開発 福岡浩、玉利吉章、今井保行、神崎政之高木達 第41回日本地すべり学会研究発表会講演集, pp.480-490
ページのトップへもどる
■ 1999年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
1999/05 RTK-GPSによる斜面移動観測の試み 福岡浩、古谷元、末峯章、小山内信智、丹野貴之、高橋毅 平成11年度砂防学会研究発表会概要集, pp.142-143
ページのトップへもどる
■ 1996年
年/月 題目・論文名 著者名 会議・掲載誌名
1996/10 地殻変動監視の大規模ネットワークシステムの納入事例 阿部修二神崎政之、横山昭、弓場啓次、川口忍 日立造船技報, 第57巻第3号, pp.37-47
ページのトップへもどる