連続観測システム

地盤・大型構造物監視システム

地盤・大型構造物監視システム

地盤・大型構造物監視システムとは、監視対象物(エリア)に設置したGPS観測局のデータを収集・解析することで、24時間連続で対象物の変位を監視するシステムです。
解析結果はWebブラウザで確認することが出来、設定した許容値以上の変動を検知した場合は、警報灯及びメールにて通知します。

地盤・大型構造物監視システム構成図
■ システムの特長
ソーラパネルによる自己発電、無線通信対応の連続観測専用GPS受信機を開発。
解析はスタティック解析、リアルタイム解析に対応。
独自のフィルタリング技術と検知アルゴリズムにより高精度な監視を実現。
設置場所の環境に合わせて柔軟なシステム構成が可能。
■ システムの適用範囲
地すべりなどの災害対策
大型構造物などの維持管理
工事現場などの施工管理
■ システムのカタログについて
※日立造船では、お客様の環境に最適なシステム提案を検討いたします。詳細はお問い合わせください。
ページのトップへもどる