連続観測システム

導入事例

GARD導入事例

連続観測システム(GARDシリーズ)の主な導入事例を紹介します。

ユーザ システム 観測局数 受信機 利用目的
東京大学 地震研究所
地震予知研修推進センター 様
GARDII 10 Trimble 4000
Trimble 5700
地殻変動の調査・研究
東京大学 地震研究所
火山噴火予知研究推進センター 様
GARDII 30 Trimble 4000
Trimble 5700
火山活動の調査・研究
名古屋大学大学院
環境学研究科付属
地震火山・防災研究センター 様
GARDII 29 Trimble 4000
Trimble 5700
地殻変動の調査・研究
九州大学大学院
理学研究院付属
地震火山観測研究センター 様
GARDII 6 Trimble 4000
Trimble 5700
火山活動の調査・研究
茨城大学 理学部 様 GARD 6   地殻変動の調査・研究
国土交通省 航空局 様 GARDII 86 Trimble 4000 空港の座標管理
気象庁 気象研究所 様 GARDII 10 Trimble 4000
Trimble 5700
火山活動の調査・監視
海上保安庁 様 NewGARD 50 Trimble 4000
Trimble 5700
Trimble NetRS
験潮所の監視
韓国国立地理情報院 様 GARDII 32+α Trimble NetR5 地殻変動の調査・監視
宇宙航空研究開発機構 様 NewGARD 4 Trimble NetRS 座標管理
水資源機構 様 GARD 3 Trimble 4000 ダムの監視
産業技術総合研究所 様 NewGARD 8 Trimble NetRS 地殻変動の調査・研究
東濃地震科学研究所 様 NewGARD 4 Trimble 5700
Trimble NetRS
地殻変動の調査・研究
電力会社 研究所 様 GARDII 4 Trimble 4000 地殻変動の監視
電力会社 様 GARDII 5 Trimble 4000 施設管理
ガス会社 様 NewGARD 3 Trimble NetRS 地盤沈下の監視

上記の他にも多くのユーザ様にご利用頂いております。
ページのトップへもどる

連続観測システム

適用事例

地すべり地帯の治山工事現場での適用
地震で発生した大規模地滑り地帯の治山工事現場に、工事期間中の地すべり監視目的で設置。
崩落壁に10台の観測局を設置し、観測データをインターネット経由でデータセンタに送信し、リアルタイムに解析。
解析結果をリアルタイムに監視し、規定値以上の変位が発生した場合、現場の回転灯とサイレンによる通報および、メールによる警報を発令。

●システム構成図
地すべり地帯治山工事現場のシステム構成図
   
●地すべり現場写真 ●GPS観測局
地すべり現場写真 GPS観測局
   
●座標時系列結果グラフ画面 ●観測局変動ベクトル表示画面
座標時系列結果グラフ画面 観測局変動ベクトル表示画面
ページのトップへもどる