ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

  1. トップ
  2. CSR活動
  3. Hitzが地球と人のためにできること
  4. 自然エネルギー
  5. 2. 太陽の光を電気に変える

自然エネルギー

2. 太陽の光を電気に変える

太陽の光を電気に変える

地球温暖化防止に貢献する太陽光発電

地球温暖化の原因とされるCO2を排出しない太陽光発電は、風力、地熱、バイオマスなどの自然エネルギーとともに期待されており、 世界各国の政策により、今後普及していきます。

ガラス基板からプラスチック・フィルム型の太陽電池へ

現在、太陽電池の基板にはシリコンやガラスが使用されていますが、将来的には、小電力のモバイルや室内で使用する家電製品等の補助電源用途などの目的でプラスチック・フィルムが普及すると予想されています。
プラスチック・フィルムを用いた太陽電池は、薄くて軽く折り曲げることもできるためこれまでよりも用途が広がり、太陽電池の普及拡大につながります。
Hitz日立造船は、次世代型太陽電池のフィルム基板化に対応した製造装置として、

  1. 高機能プラスチックを押出成形する機能性フィルム成形装置
  2. 特定の波長の光を反射したり、電気を通すなど機能をもつ機能性膜をフィルム上に連続製膜するロールtoロール連続製膜装置
  3. 機能性膜に、電気的回路を施すなどの目的で製膜不要な部分を取り除くレーザ加工装置を開発しました。

太陽光発電の普及促進への動き

国内では、2009年11月に家庭の太陽光発電の余剰電力を従来の2倍の価格で電力会社が買い取る制度がスタートしました。このことが普及促進の後押しとなり、太陽光発電協会の調査によると、2009年10-12月の間に出荷した太陽電池による総発電量は前年同時期よりも3.3倍に拡大しています。

CSR活動