ページ内を移動するためのリンクです。


Loading

  1. トップ
  2. CSR活動
  3. Hitzが地球と人のためにできること
  4. 環境を守る
  5. 2. NOx排出を抑制する舶用エンジン

環境を守る

2. NOx排出を抑制する舶用エンジン[1]

環境対応型の舶用ディーゼルエンジンへ

舶用エンジンのNOx排出規制

船舶は、世界の人々の豊かな暮らしと経済活動を支える重要な輸送手段の一つです。
大気汚染の原因となるNOxは、トラックやバスなどからの排出規制があるのと同様に、船舶から排出されるNOxについても今後厳しく規制されます。

地球環境にやさしい舶用エンジン

e電子制御エンジン
ME型舶用電子制御エンジン

船舶から排出されるNOxを抑制するために、Hitz日立造船は、厳しい規制に対応する舶用エンジンを納めてきました。
2003年にはNOxを抑制するだけでなく、従来の機械式エンジンよりもCO2の排出を抑制した舶用電子制御エンジンを国内で初めて完成させました。
舶用電子制御エンジンは、従来固定化されていた燃料噴射や排気弁開閉のタイミングをプログラミングにより柔軟に変更できるようにすることで燃料消費量を減らすとともに、排気ガス中に含まれるNOxやばい煙を削減しました。
今後ますますNOxは排出規制が強化されるため、Hitz日立造船は地球環境にやさしい舶用エンジンの開発に取り組んでいきます。

国際海事機関によるNOx規制強化

2008年、国連の下部機関である国際海事機関(IMO)は、2016年より大気環境の改善が必要な海域に限定して、NOx規制値を2008年より80%削減することを決定しました。この厳しい規制に対応するためには、舶用エンジンメーカーだけでなく造船メーカーと一体となった新技術の開発と実用化が必要不可欠となります。

CSR活動